出張封印 販売店様向けチラシ

なかなか収束しないコロナ禍において、感染リスクを低減するために販売店様におきましては様々な取り組みをされていると思います。ただ、車を県外のお客様に販売した際に、陸送、登録、封印で県外の運輸局に足を運ばれるケースも少ないないと思います。丁種封印を利用すれば、販売先の県の行政書士と当事務所で連携して、車を島根に置いたままで他県のナンバープレートと封印を取り付けることが可能です。これにより感染リスクと陸送のコストも低減することが可能となります。削減したコストをお客様へ還元して、納車は店舗で行うことも可能になるかもしれません。出張封印制度は年々利用が増えていますが、まだまだ浸透しきれていないと思います。一人事業者で県外への納車の負担がネックになり、販売網が拡大できずにいるケースなどもあるようです。当事務所は出張封印をよりリーズナブルにスピーディーに対応させていただきます。もしご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

投稿者プロフィール

mishiro
mishiro
三代昭博 1973年生まれ 松江市出身 松江東高校卒。趣味は朝ランニングと読書です。好きな本は『7つの習慣』。いつまでも挑戦し続けたい・・・そんな思いから行政書士を開業しました。

キャッシュバックキャンペーン実施中。

お問い合わせメールからお問い合わせいただきましたお客様には車の手続をご依頼いただいた際に、報酬から1,000円お値引きさせていただきます。
初めてのお客様も2回目以降のお客様も対象とさせていただいています。

前の記事

琴浦大山の車庫証明

次の記事

軽二輪の名義変更